12/1(水)は「世界エイズデー」です。南海放送ラジオでは「世界エイズキャンペーン」に協賛し、世界共通のキャッチフレーズ『レッドリボン30周年Think Together Again』をテーマに「南海放送ラジオ第25回エイズ提言キャンペーン」を展開中です。

11/30(火)~12/3(金)18:00にはラジオ「ニュースな時間」の中で、専門家の方にエイズ/HIVについての最新情報なども伺います。

アンケートクイズ回答者の中から、先着で100名様にみきゃん&ダークみきゃん&こみきゃんがデザインされた2021年版エイズキャンペーンオリジナル「マスクケース」等のセットをプレゼント!(先着当選の方は年内お届け予定)

アンケートクイズと質問への答えは12/4(土)14:15ラジオ「井坂彰のサタデーライブ」の中でお伝えします。たくさんのご応募をお待ちしています。

世界エイズデー啓発キャンペーンとは?

※応募締切 12/2(木)23:59まで。
※入力いただいた個人情報は、プレゼントの抽選・発送のみを目的に使用します。
※当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

マークは必須項目です。

アンケートクイズの受付は終了しました。
世界エイズデー啓発キャンペーンとは?

日本で2020年度に報告された全国の新規HIV感染者、エイズ患者の人数は約1100人。愛媛県でも、毎年HIV感染者が報告されています。自身の予防はもちろん、社会全体でのHIV/エイズに関する知識と理解も、大切です。これを機会に知る、考える機会になれば幸いです。

<クイズ答え合わせ>
●HIV感染は予防できない。
答え:×
感染経路が限定されるため、予防できる病気です。予防には、コンドームが有効です。

●HIVに感染すると思うものにチェックを付けて下さい。
(握手、お風呂、キス、性交渉、血液に触れる、咳・くしゃみ)
答え:性交渉、血液に触れる
HIVの感染経路は ①性感染 ②血液感染 ③母子感染なので、日常生活では感染しません。その他、咳・くしゃみなどからも感染しません。

●HIVに感染しても、自然と治る。
答え:×
自然と治ることはありません。
ただ、感染しても無症状の場合が多く、検査をしてみないと感染しているかどうかわかりません。また個人差がありますが、15年経っても症状が出ない人もいれば、感染から2年程でエイズを発症する人も少なくありません。重要なのは「症状が出なくても、治療をしなければ、体内ではHIVウイルスが増殖を続けている」ので「いつかエイズを発症してしまう」ということです。ただし、検査により発覚後治療を続ければ、HIVの増殖を抑える事が可能なので、エイズの発症を防ぐことができます。

●飲み薬によってエイズの発症を防ぐことが出来る。
答え:〇
現在、HIVに対する治療薬が著しく進歩し、内服薬による治療でエイズの発症を防ぐことができるようになりました。現在、HIV感染症は「死の病」ではなく、コントロール可能な「慢性疾患」と考えられるようになっています。また、エイズ発症前にHIV感染を発見できれば、ほぼ確実にエイズ発症を予防できるようになってきています。

●エイズ検査は無料でできる。
答え:○
保健所で無料・匿名・予約制でHIV/エイズ相談を行っています。お近くの保健所でご確認ください。
松山市保健所 (松山市萱町6丁目30番地5)
【要予約】TEL 089-911-1815(月-金 8:30~17:15 ※祝日除く)
昼間 毎週月曜日11:00~13:00
夜間 第2月曜日18:00~19:30(1月は第3月曜日)
★検査結果は1週間後(祝日除く)
愛媛県中予保健所(松山市北持田町132番地)
【要予約】TEL 089-909-8757(月-金 8:30~17:15 ※祝日除く)
昼間 毎週水曜日13:00~14:00(祝日も覗く)
★検査結果がその日に分かります

●レッドリボンは「エイズへの理解と支援の象徴」のひとつである。
答え:〇
“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1990年ごろのこと。エイズで亡くなる仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。
その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。

氏名
住所 郵便番号
都道府県
市区町村(番地・マンション名含む)
例:松山市本町1-1-1
年齢
メールアドレス

アンケートクイズ
ヒント:API-Net エイズ予防情報ネット-エイズQ&A
HIV感染は予防できない。
×
HIVに感染すると思うものにチェックを付けて下さい。 握手 お風呂 キス
性交渉 血液に触れる 咳・くしゃみ
HIV感染しても、自然と治る。
×
飲み薬によってエイズの発症を防ぐことが出来る。
×
エイズ検査は無料でできる。
×
レッドリボンは「エイズへの理解と支援の象徴」のひとつである。
×
エイズ/HIVに関する質問があればお書きください。
※頂いたご質問からいくつかを12/4(土)ラジオ「井坂彰のサタデーライブ」の中でお伝えします。