大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町
テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS
番組審議会とは、南海放送が放送する番組の向上改善と適正を図るため、
放送番組等の審議を行うことを目的として設置された審議機関です。

番組審議会選定 平成28年優良番組はこちら

【第646回 番組審議会】

テレビ番組
「赤シャツの逆襲」

ラジオ番組
「愛媛中学駅伝競走大会 実況中継」

12月の番組審議会が、12月20日(水)午後3時から本社の役員会議室で7名の委員(内1名リポート提出)が出席して開かれました。

テレビ、ラジオ、それぞれの合評番組の審議を行い、テレビ番組では南海放送が制作した「赤シャツの逆襲」について、委員から次のような意見が出されました。

《テレビ番組》
『赤シャツの逆襲』
放送日時:平成29年11月24日(金)19:00~19:56(南海放送 制作)
[番組概略]

愛媛県松山市を舞台にした、夏目漱石の名作小説「坊っちゃん」。その小説の中で、意地悪な憎まれ役のイヤなやつ“赤シャツ”は、「横地石太郎」がモデルとされている。だが、実際の横地石太郎は至って清廉潔白な人物であった。そう、「坊っちゃん」が発表されて100年以上にわたって、横地石太郎とその子孫はあらぬ汚名をかぶせられてきたのだ。

ドラマは、子孫を不憫に思った横地石太郎(佐藤二朗)が、横地家の誇りを守る為、あの世から甦る。また夏目漱石(筧 利夫)も甦り、現代の裁判所で自らの潔白を証明する歴史的法廷闘争コメディ!愛媛じゅうが、日本じゅうが注目するこの裁判。いま、赤シャツの逆襲が始まる!


[各委員の意見]
○番組はなかなか良くできていて、地元の人たちをいっぱい出演させて「ワハハ」と言ったかと思うと、次は深刻な場面が出てくるといった具合で、そのあたりの呼吸も鮮やかな切り替えができていて良かったと思います。

○「赤シャツの逆襲」ですから、反論を徹底的に押し進めるという展開にした方が良かったのではという気がします。

○松山の怒りをもっと出してほしかったということです。「名折れ」の場面は非常にインパクトがあったし、夏目漱石の狭量な部分を印象づける言葉で、逆襲の切り札であったと思いました。

○法廷のやり取りの中でいろいろな争点を盛り込み、最後に裁判長から陳述を求められて述べた漱石の発言により、和解で終わらせる形で全体をうまくまとめあげていたと思います。

○こういうドラマの場合、「リアル」と「誇張」のバランスをとるのが難しいのでしょうけど、私としてはもう少しリアル感を出してほしかったです。

また、ラジオ番組では、南海放送制作の「愛媛中学駅伝競走大会 実況中継」の合評が行われ、次のような意見が出されました。

《ラジオ番組》
『愛媛中学駅伝競走大会 実況中継』
放送日時:平成29年11月29日(日)10:50~13:30(南海放送 制作)
[番組概略]

新居浜市東雲競技場で行われる男子37回、女子26回となる愛媛中学駅伝競走大会の模様をラジオ実況中継。また、愛媛CATVウィットチャンネル他、県内のCATVでも放送。今年は男女合わせて県下82校155チームが出場。番組の前半は女子のレース、後半は男子のレースを、総力をあげて伝える。実況は藤田勇次郎アナウンサー、解説は和家哲也さん(宇和島東高校陸上部監督)。


[各委員の意見]
○ここで走っている生徒たちは、未来を担う貴重な存在だと思うと、駅伝を聴いているだけなのに力が入ってくる。

○現場の臨場感や寒さ、皮膚に風が当たる感覚、子どもたちの元気、「この選手は将来有望視されている」といった情報が丁寧に伝えられていて、とても聴きやすかったと感じました。

○藤田さんの実況は非常に安定感があって落ち着いていたし、解説の和家先生もでしゃばることなく的確なコメントをされていたと思います。

○全体的に手なれた中継だったと思います。スポーツ振興の観点からも必要な番組だと思いますので、今後も継続していただきたいと願っています。

○ドラマ性があったし、とても聴きやすくて、臨場感がこちらに伝わってくる中継でした。本当に清々しい中学生の駅伝大会で、良いなと思いながら聴かせていただきました。向かい風の中を子どもたちが駆けている様子が目に浮かぶような番組だったと思います。

○昨年のレースの振り返りや、気温や風といった気象状況の説明など、かなりの事前情報収集もあって非常に豊かな内容でした。


以   上
(番組審議会事務局)
淺井直子(委員長)主婦・詩人
樋口康一(副委員長)愛媛大学 名誉教授
浅野幸江ギャラリーしろかわ元館長
森本しげみNPO法人シアターネットワーク えひめ 代表理事
稲葉隆一大一ガス(株)代表取締役社長
柳田幸男(株)愛媛新聞社専務取締役
村田毅之松山大学法学部教授
 
* 南海放送番組基準 *

ページトップへ